事例・ブログ

ブログ
2021.07.16

ステップメールとは?設定したスケジュールで情報を自動送信する方法

 

ステップメールとは、ユーザーが取ったアクションを起点に配信が始まるメールマガジンのことです。例えば、商品を購入したユーザーへ「購入直後」「3日後」「5日後」な、ど日時を指定して商品やセールに関する情報を自動で発信することができます。

 

ユーザーごとに別々の内容が配信できるため、ユーザーが必要としている情報を適切なタイミングで届けることができます。ステップメールの特徴やメリット・デメリット、LINE公式アカウントを利用したステップ配信について解説します。

目次

ステップメールとメルマガは何が違うのか

ステップメールは、ユーザーの「ある行動」をきっかけに「用意しておいた内容」を「自動で決められた間隔ごとに」配信するメールマガジンのことです。

 

例えば、通販サイトで商品購入がステップメール配信のきっかけになっている場合、

 

・商品購入直後に「お礼のメール」
・商品購入2日後に「到着日のリマインドメール」
・商品到着予定日2日後に「商品説明動画へのリンクと使い方の案内」
・商品到着7日後に「実際に使用しているスタッフの感想」

 

のように、ユーザーに合わせた情報が配信できます。

 

メルマガはユーザーの状況に関係なく、一方的に情報を伝えるものですが、ステップメールは「商品到着3日目のユーザーは、こんな情報を欲している」などの分析に合わせた情報発信が可能です。

ステップメールを配信するメリット

ステップメールの具体的なメリットは以下の通りです。

 

・ユーザーの状態に応じた情報を自動発信できる
・一度設定すれば都度設定する必要はなく、定期的な見直しだけで済む
・継続購入につながる可能性が増える

ユーザーの状態に応じた情報を自動配信できる

メルマガは、配信登録したユーザーに同じ内容を一斉配信しますが、ステップメールはユーザーが配信のきっかけになる行動を取らない限り配信が開始されません。一斉配信の場合、初めての購入で商品の良さを実感していないユーザーにも、新商品の案内や一緒に購入すると便利な付属品情報が配信されてしまいます。定期購入をしているユーザーには役立つ情報かもしれませんが、新規購入者には「購入した商品よりもメルマガの商品の方が良かったのではないか」と不安にさせてしまう可能性もある情報です。

 

しかし、ステップメールは商品購入をきっかけにユーザーが欲しい情報を順番に配信することができます。

 

例えば、

 

1.商品を使用する前に知って欲しい開発ストーリー
2.実際に利用しているユーザーの体験談
3購入後によくある質問と回答
4    継続的に使用することのメリット

 

など、「ちょうど悩んでいた」「不安だった」というタイミングで配信することができます。購入した商品同梱物の小冊子で案内することもできますが、情報が小出しに配信されるのでユーザーの負担を軽減することにもなります。

定期的な見直しだけで済む

ステップメールは、一度設定すれば内容や配信間隔を定期的に見直すだけで、新しい内容を作成する必要がありません。

 

また、ステップメール配信に使用する多くのツールで、メール開封率などのデータ収集が可能です。データを見ながら多少の修正を繰り返すことで、工数をかけずに効果を改善することができます。

継続購入につながる可能性が増える

ステップメールは、定期的に何度もユーザーに接触するチャンスが持てる施策です。しかも、ユーザーの状況に合わせて情報を届けることができるため、一斉配信よりも継続した購買促進施策として活用できます。

 

また、メルマガ配信やホームページの更新、SNSでの発信は「配信する情報」がなくなってしまうと、更新がストップしてしまう可能性がありますが、ステップメールは決まった回数の内容が新規ユーザーに自動で配信されます。

ステップメールを導入するデメリット

ステップメール導入の障害になり得る、デメリットについて紹介します。

 

・配信内容や配信間隔の決定に時間がかかる
・ステップメール配信サービスの利用が必要

配信内容や配信間隔の決定に時間がかかる

「一度配信内容を決めてしまえば、定期的な見直しだけで済む」とは説明したものの、配信内容や配信間隔の決定には時間がかかります。

 

・どんなユーザーアクションを起点に配信するか
・どんな内容がユーザーにとって有益か
・どの程度の配信間隔であればユーザーの負担にならないか

 

など、テスト配信後の分析や既存ユーザーへのアンケート調査なども必要になる可能性もあり、最終的な設定が決まるまで時間を要する場合があります。

ステップメール配信サービスの利用が必要

ステップメールを活用するためには、専用のツールやサービスに申し込む必要があります。ツールは有料の場合が多く、別途、費用が発生することになります。

 

無料でステップメール配信可能なツールも存在しますが、有料ツールに比べて機能面で不十分なケースが多く、使いづらいという可能性もあります。

LINE公式アカウントでもステップ配信ができる

これまで、メルマガ形式を前提にステップメールについて紹介してきましたが、LINE公式アカウントにもステップメールの類似機能「ステップ配信」があります。

 

LINE公式アカウントの場合、通常のメッセージ配信とステップ配信を合わせて月に1,000通までは無料で配信をすることができ、新規ツールの導入は不要です。

 

ステップ配信の詳しい使い方はコチラ

メールではなくLINE公式アカウントを利用するメリット

ステップメールではなく、LINE公式アカウントのステップ配信を利用するメリットを紹介します。

 

・開封率が高い
・ユーザーの反応がわかる
・配信ユーザーを絞り込める

開封率が高い

LINEのユーザー数は8,900万人(2021年3月末時点)と非常に多く、LINE公式アカウントから友だちに対してメッセージを配信すると通知が届くため、開封率が高いという特長があります。

LINE for Business 媒体資料「LINE Business Guide 2021年7月-12月期(Summary)」

媒体資料掲載の「ユーザーアクション」に関する調査でも、友だちのうち「企業からのメッセージを読んだ」と回答したユーザーは69.9%と高い数値を記録しています。

ユーザーの反応がわかる

LINE公式アカウントの場合、配信したメッセージに対するユーザーのアクションデータを管理画面の「分析」から確認することができます。

 

・どのメッセージの開封率が良かったか
・メッセージからユーザーアクションにつながっているか

 

など、配信側の知りたい情報が把握できます。

配信ユーザーを絞り込める

LINE公式アカウントのステップ配信の場合、対象となるユーザーを絞り込むことができます。居住地や性別・年代などで配信対象を決められるため、訴求する商品やサービスに合わせて柔軟な設定が可能です。

LINEマーケットプレイスで拡張機能を探す

LINEマーケットプレイスでは、LINE公式アカウントとの連携で簡単に実装できるさまざまな拡張機能を紹介しています。

 

「ステップメール」の代わりとしても活用可能な機能もあるため、是非、ご検討ください。

ステップメールの活用でユーザーと積極的なコミュニケーションをしよう

ステップメールは、ユーザーのタイミングに合わせた情報発信を自動化できるシステムです。ステップメールを利用することで、ユーザー対応を自動化し、運用の負担を軽減するだけではなく、ユーザーの満足度を高めることができます。

 

ステップメールの利用には専用の有料ツールを必要とする場合が一般的ですが、LINE公式アカウントを使うことでも同様のステップ配信が実施できます。LINEマーケットプレイスのAutoLine for マケプレを利用すれば、より詳細で便利にステップ配信が実現できるため、活用を検討してみてはいかがでしょうか。