事例・ブログ

ブログ
2021.09.15

POSレジとは?【業種別】小規模店舗で導入できる種類と選び方

 

POSレジの存在は知っていても、予算感が合わず導入していない店舗、オペレーションの不都合が顕在化していないため、導入を見送っている店舗もあります。

 

「大規模チェーン店で導入するもの」というイメージの強いPOSレジですが、限られた人員と時間を効率的に活用する必要がある小規模店舗こそPOSレジで業務効率化を図る必要があります。そこで、POSレジの紹介と小規模店舗が導入するメリット、選び方などについて紹介します。

目次

POSレジとは

POSとは「Point Of Sales」の略語です。「Point Of Sales」は日本語で「販売時点情報管理」と訳され、商品が購入(支払い)された時点で商品に紐づいたデータを集計し、売上・在庫管理ができるシステムのことです。POSレジは、「販売時点情報管理システム=POSシステム」を搭載したレジスターになります。

 

POSレジというと、機器の刷新やシステムの構築コストが大きく、大規模チェーン店などが導入するものというイメージを持っている人が多いかもしれません。

 

しかし、近年は小規模の店舗でも無理のない予算感で導入可能なPOSレジも増えてきています。実際に個人商店に近い運営形態の小規模の店舗でもPOSレジを導入し、在庫・商品管理を効率化し、集まった顧客データを販促活動に利用しているケースもあります。

POSレジとレジスターの違い

POSレジとレジスターには、POSシステムを利用しているか、していないかの違いがあります。レジスターとは、会計金額の計算と売上金収納をメイン機能とする機器ですが、POSレジはレジスターが持つメイン機能に下記のような機能が追加されています。

 

・在庫管理
・売上情報の抽出
・電子レシート
・スタッフ管理

 

これまで、上記のような情報を管理する際は手動での入力管理が必要でしたが、POSレジを導入すれば、POSシステムに管理を任せられるようになります。

小規模の店舗でPOSレジを導入するメリット

大規模店と比べ取扱商品数が少ないことが多い小規模の店舗は、POSレジ導入によって得られるメリットが少ないと思われがちです。しかし、小規模の店舗でもPOSレジ導入によって以下に代表されるメリットがあります。

 

・会計の効率化
・商品管理の簡便化
・購買情報の把握
・複数店舗の情報の一元管理

会計の効率化

会計作業にレジスターを使っている場合、レジ操作と売上伝票への記帳、売上商品の管理が必要でした。

 

個人商店のレジスターでは現金のみの決済に対応し、キャッシュレス決済や免税作業は別端末を利用している店舗が多いため、開閉店時の作業が複雑化しているケースも見られます。また、閉店作業時にレジスターや他端末と伝票上の金額が合わない場合など、照合に時間がかかってしまうこともあります。

 

POSレジを導入すれば、現金以外の決済や免税・割引などの操作が一つの端末で対応可能になり、効率的に会計業務を行うことができます。

商品管理の簡便化

レジスターには会計金額の計算と現金の収納機能が備わっていますが、POSレジであれば商品管理も可能です。

 

レジスターを使用する場合、その日に購入された商品は伝票で整理し、管理する必要がありました。一方、POSレジはシステムに商品を登録すれば機器上で商品を管理することができます。

キャンペーン実施時やクーポン配布当日に即時、売上が確認できるため、販促施策の効果を把握しやすくなります。

 

月末の商品在庫の棚卸しについても、POSレジに登録されている商品と実商品の在庫を照合するのみ。何枚もある伝票をめくる必要もなく、作業時間が削減されます。

購買情報の把握

POSレジの多くが、購買ユーザーの性別や年齢などをワンタッチで入力できる機能がついています。購買情報とユーザー情報をかけ合わせて管理することで、これまでは接客スタッフだけが持っていた、個別ユーザーの嗜好に関する情報が把握できます。

 

また、会員カードなどと合わせて利用することで、より詳細な購買情報が管理できるため、今後の商品展開やクーポン発行、キャンペーン実施などに活用することができます。

複数店舗の情報の一元管理

POSレジを系列の複数店舗で導入すると、ユーザー情報や商品在庫などの情報を一元管理できます。

 

各店舗の情報をシステム上で把握できるため、販促活動の計画が立てやすくなり、在庫管理も一括で行いやすくなります。

POSレジの種類と特徴

POSレジは、ターミナル型POSレジ、PC型POSレジ、タブレット型POSレジの3種類があります。

ターミナル型POSレジ

ターミナル型POSレジは、POS専用の機種を使用しています。大手チェーン店で導入されていることが多く、全国展開のスーパーやコンビニエンスストアで見かけることが多いタイプです。

 

POSレジに使用する専用のソフトウェアと機器が一体型のセットで販売されているため、導入時のコストが高額になる傾向があります。

PC型POSレジ

PC型POSレジは、パソコンにPOSシステムをダウンロードして利用するタイプです。POSシステムをダウンロードしたパソコンは普通のパソコンとしても利用できるため、スタッフの勤怠管理など、店舗に関わる全てを一台のパソコンで行うことも可能です。

 

ターミナル型POSレジに比べると導入時のコストは安価ですが、システム利用手数料がかかる他、別途、決済端末のレンタル料金が必要になります。

タブレット型POSレジ

タブレット型POSレジは、スマートフォンやタブレットにPOSシステムをダウンロードして使用するタイプです。PC型POSレジと同じく、専用の機器が不要なため、導入コストは比較的安価です。

 

タブレット端末を利用するため、出張販売や催事出店に持ち運びが可能で、設置場所も選びません。気軽に利用しやすいPOSレジです。

POSレジを選ぶ際のポイント

小規模の店舗がPOSレジを選ぶ際に確認すべきポイントは3つです。

 

・コスト
・サポートを含めた使いやすさ
・店舗規模・形態との相性

これ以外にも、業種によって検討したいポイントがあります。

飲食店に向いているPOSレジ

飲食店がPOSレジを検討する際に考慮したい3つのポイントは以下の通りです。

 

・デリバリー/テイクアウト対応
・対応可能な商品数
・テーブルオーダー対応

 

POSレジ導入時点では、デリバリーやテイクアウトへの参入を検討していなくても、参入時にスムーズに移行できるような機能があった方がいいでしょう。

 

また、飲食店は季節ごとの商品の入れ替えもあり、期間限定イベントが多い業態です。対応可能な商品数が多く、カテゴリー分けが容易で商品登録に手間がかからないものであると便利です。

美容室に向いているPOSレジ

美容室にPOSレジを導入する場合に考慮したい3つのポイントは以下の通りです。

 

・インターネット予約
・スタッフごとの売上管理
・商品在庫管理

 

自社サイトや予約サイトからの予約が増えているため、Webサイトと紐づいて予約管理を行うことができるPOSレジが適しています。

 

スタッフを指名して来店するユーザーが多い業態のため、スタッフごとの売上管理やシフト管理を行うことができるのかも確認しましょう。

小売店に向いているPOSレジ

小売店は、店舗販売だけでなくイベント出店やオンライン販売に対応したPOSレジを選びましょう。考慮したいポイントは以下の4つです。

 

・店舗販売
・商品在庫管理
・イベント出店
・オンライン販売

 

タブレットにも対応していて、期間限定の出張販売でも在庫管理ができればベストです。

モバイルオーダー機能を使ってタブレットをPOSレジとして活用する

モバイルオーダーシステムは、タブレットやパソコンをPOSレジのように使うシステムのことです。このシステムを使えば、POSレジに使う機器やシステムを購入せずとも、POSレジと同じような機能が導入できます。

 

例えば、LINE公式アカウントと連携して利用できるLモバイルオーダーというアプリは、テイクアウト注文、来店予約、テーブルオーダーなどの飲食店向けの機能をLINE公式アカウントに追加できるアプリです。

 

LINE公式アカウントに機能を追加することで、ユーザーはLINEで友だちとやりとりをするような使用感で、テーブルオーダーやテイクアウト注文、事前決済を行うことができます。

店舗側も機器レンタルやそれに伴う複雑な設定は必要なく、気軽に利用できます。月額使用料は発生しますが、POSレジを導入するよりもはるかに安価な価格でPOSレジと同じような機能を使うことができます。

 

LINE公式アカウントと連携してPOSレジのように使えるアプリは、Lモバイルオーダーの他にも、テイクアウト・デリバリー注文に対応しているテイクアウト・デリバリーどこでも注文くん、美容室などのスタッフ指名や施術日指名の業態に対応しているリピッテ ビューティーなどがあります。

 

これらのLINE公式アカウントと連携可能なアプリは、LINEマーケットプレイスで入手可能です。大抵のアプリに試用期間があるため、POSレジ導入の選択肢の1つとして検討するのもよいでしょう。

小規模の店舗でもPOSレジ導入で業務効率化ができる

小規模の店舗でもPOSレジ導入で業務効率化が見込めます。POSレジ導入のネックになるのは機器リース料金やシステム構築にかかるコストですが、パソコンにPOSレジシステムを導入するPC型POSレジや、タブレットやスマートフォンにアプリをインストールするタブレット型POSレジであれば機器リース不要でコストも抑えて導入が可能です。

 

自店舗の業態やオペレーションを見直しながら、店舗に合ったPOSレジを検討してみてはいかがでしょうか。