事例・ブログ

ブログ
2021.11.29

会員証アプリとは?デジタル移行・管理のメリットと導入方法

 

会員証アプリとは、スマートフォンアプリに会員証機能を持たせて、ユーザー情報を管理するアプリです。以前は紙やプラスチック製のカードタイプで会員証を発行している店舗が多かったものの、ユーザーが忘れてしまったり紛失するリスクがありました。

 

アプリとしてデジタル移行することで、そうしたリスクを回避できるだけでなく、従来の会員証では難しかったユーザー情報の管理、データを活用した販促施策も可能になります。

 

会員証アプリを店舗に導入する際の検討事項やメリット・デメリットについて解説するとともに、LINE上で会員証アプリが実装できるLINEミニアプリについて紹介します。

目次

会員証をデジタル化できるスマートフォンアプリとは

会員証アプリとは、紙やカードタイプの物理的な会員証ではなく、スマートフォンで会員情報やポイント、スタンプなどを管理するアプリのことです。ユーザーにとってもアプリがインストールしてあるスマートフォンを持っていればいいため、使用時に所持していなかったり、紛失したりする心配がなくなります。

 

また、会員証を見せる際に財布の中のカードを探す手間も省けるため、受付作業や会計作業もスムーズになります。

会員証アプリを導入するメリット

会員証アプリには、店舗にもユーザーにもさまざまなメリットがあります。

 

・会員情報の管理が簡単になる
・利用率の向上が期待できる
・会員情報を利用して属性別の販促施策が可能になる
・個人情報の流出リスクが減少する

会員情報の管理が楽になる

会員証アプリはPOSレジや予約管理システムと連携することができるものもあるため、ユーザー情報が管理しやすくなります。

 

従来の会員証であれば、ユーザーがカードを忘れてしまった際には名前を聞いたり、会員情報を検索したり、一旦はレシートに記入して別日に付与するなど、ちょっとした追加作業が発生していました。

 

会員証をアプリとして実装すれば上記のような作業が発生する心配もなくなるほか、引っ越しなどで会員情報の更新が必要になった場合でも、ユーザー自身がアプリ上で変更することができます。

会員数や利用率の向上に期待できる

これまで、会員証を発行するメリットを訴求しても、物理的なカードは持ち歩きたくない、今以上の会員証は増やしたくない、財布などに入れて携帯するのが面倒くさいなどの理由で発行しないユーザーも一定数存在しました。

 

しかし、アプリであれば上記の理由から会員証を発行しなかったユーザーを取り込める可能性があり、持ち忘れや紛失の可能性もないため会員数や利用率の向上に期待できます。

 

また、会員証アプリはスマートフォンの通知機能を利用することができます。予約の確認や店舗の最新情報など、さまざまな情報を配信することでアプリの利用を促すことが可能です。

会員情報を利用して属性別の販促施策が可能になる

従来の会員証では会員情報をまとめることはできるものの、販促施策はチラシの配布やDMなど、別の方法で行う必要がありました。

 

会員情報とアプリの連携ができれば、クーポンの配布や新商品告知、ポイント付与などの販促施策がユーザーの属性別にアプリ上で行えるようになります。

個人情報の流出リスクが減少する

物理的なカードの場合、パソコンなどで登録済みの会員情報を管理している場合はデータの持ち出し、会員登録用紙の紛失などの発生に備え、個人情報の取り扱いに気を配る必要がありました。

 

会員証アプリであれば、登録用紙などは必要なく、データに関しても管理者が情報に閲覧制限を設定することができるため、個人情報の流出リスクを低減させる効果があります。

会員証アプリを導入するデメリット

メリットの大きい会員証アプリですが、デメリットも存在します。

情報移行に工数が発生する

物理的な会員証カードからアプリへの情報移行には時間と手間がかかります。ユーザーに対して新しくアプリへの登録を促す必要があるほか、移行期間はカードとアプリの両方に対応しなければならず、ユーザーとスタッフ双方に負担がかかります。

使用に不慣れなユーザーがいる

提供しているサービスや商品によって異なりますが、スマートフォンの操作に慣れていない高齢層のユーザーが多数を占めるような場合、会員証アプリの導入がマイナスに働くこともあります。

 

移行に負担がかかることと、必ずしもアプリが全てのユーザーに適しているわけではないことを念頭に入れておきましょう。

会員証アプリ導入前の検討ポイント

会員証アプリを導入する際に検討しておきたい3つのポイントを紹介します。

 

・会員証アプリ導入の目的
・導入コスト及びランニングコスト
・システム変更によるスタッフの負担とオペレーションの変更

会員証アプリ導入の目的を確認する

会員証アプリを店舗に導入する目的を確認しましょう。会員証アプリは、アプリとPOSレジや予約システムと連携することで、ユーザー情報を利用したさまざまな販促施策を可能とする機能が搭載されています。

 

「ポイントカードやスタンプカードをデジタル化したい」という目的の場合、機能を使いこなすことができず、混乱を招く可能性もあります。どのように会員証アプリを活用するか、その実現に適切なのがアプリなのか、導入前に検討するようにしましょう。

導入コスト及びランニングコストを確認する

導入時にかかるコストと運用中にかかるコストを検討しましょう。会員証アプリとPOSレジや予約システムとの連携を前提に考えている場合、既存の機材では対応できないこともあります。

 

また、会員情報の移行を外部に委託する場合は別途、コストが発生する可能性もあります。アプリによっては使いたい機能がオプションになっている場合もあるため、注意が必要です。

システム変更によるスタッフの負担とオペレーションの変更を確認する

会員証アプリ導入のデメリットでも説明しましたが、物理的なカードからアプリへの移行にはユーザー、スタッフともに負担がかかります。

 

ユーザーは新しくアプリをダウンロードした後、会員情報を入力する必要があります。スタッフはユーザーに案内しなければ移行が進まないほか、移行の方法やアプリの操作方法などについての質問も増えていきます。

 

会員証アプリ導入前後でトラブルが起こることも想定されるため、案内や説明のオペレーションについて内部で話し合い、想定できるケースについてシミュレーションしておきましょう。

LINEミニアプリでLINE上に会員証アプリをつくる

LINEミニアプリを利用すれば、LINE上で店舗・企業の会員証を提供することができます。ユーザーは普段から使用しているLINEから会員証が使用できるため、別途、異なるアプリをダウンロードする必要がありません。

 

LINE公式アカウントの機能「ショップカード」でも、ポイントや特典の付与・管理などを行う簡易的な会員証を無料で作成することができますが、機能は限定されます。

 

導入の目的がポイントを付与・管理したいだけの場合はショップカードでも問題ありませんが、より高度な機能を実装したい場合はLINEミニアプリを検討しましょう。

 

LINEミニアプリは初期費用と月額費用が固定のパッケージで提供されているほか、用途に応じて個別開発も可能なため、店舗ごとに異なる機能を実装したアプリを利用することができます。

LINE公式アカウントとの連携でさらに便利に

LINEミニアプリとLINE公式アカウントを連携することで、リピーターの創出をより強力に促進できます。

 

例えば「来店経験のあるユーザーにキャンペーン情報を案内する」「実際に購買経験のあるユーザーだけにクーポンを配信する」などのほか、会員証の発行と同時にLINE公式アカウントを友だち追加させることもできます。

 

※LINEミニアプリでのユーザーのID・利用データ取得はユーザーの許諾が必須となります。

LINEミニアプリの会員証事例

美容室の導入事例

・目的
既存のアプリよりさらに身近で、ユーザーとのコミュニケーションを図れるツールを導入してデジタル接点を強化したい。

 

・施策
POSシステムのオプションメニューとして利用していた標準アプリから、LINEミニアプリに移行してもらえるようユーザーに案内しながら、LINEミニアプリを使ってデジタル会員証の提示やサロンが予約できる仕組みを整備。LINE公式アカウントからは予約リマインドや来店のお礼メッセージを自動配信した。

 

・効果
2021年6月以降、旧アプリを使っていた3割強のユーザーがLINEミニアプリに移行。メッセージの自動配信で予約リマインドを行ったユーザーの来店率と、来店のお礼メッセージを送ったユーザーの次回来店率がそれぞれ90%以上を記録している。

SalonAnswer|美容サロン専用アプリ

上記の事例で導入しているのが、美容サロン専用の会員証アプリ「SalonAnswer」です。

 

会員証をバーコードで読み込むことでPOSレジのユーザー情報と連携できます。ポイントカード機能も備わっており、ポイントに応じた会員のランク付けも可能。抽出機能でユーザーの属性別にクーポンを配布するなどの販促施策が展開できます。

 

また、利用履歴に「いいね」や「コメント」をつけることができたり、アプリから予約受付や確認も可能など、美容室向けの会員証として幅広い機能が網羅されています。

 

提供会社:エクシードシステム株式会社
初期費用:30,000円~
月額料金:6,800円~
公式サイト:https://line-marketplace.com/jp/mini-app/salonanswer

会員証アプリを導入して効率的に店舗運営

LINEミニアプリを利用すれば、LINE上で利用できる店舗独自のアプリ開発ができます。パッケージ以外にも多くの開発パートナーが存在するため、導入を検討している場合、是非、ご相談ください。

 

ミニアプリの概要をまとめた資料も下記より無料でダウンロードできます。